「青汁の会社」からの脱却を目指すキューサイの新たな挑戦

公開日: 更新日:

「まず~い、もう一杯」

 このフレーズを懐かしく感じる人もいるだろう。かつてキューサイの健康食品「青汁」のCMで出演俳優が放ったセリフだ。1982年の発売以来、青汁はロングセラーを続け、キューサイは「青汁の会社」として一躍有名になった。しかし、創業55周年を迎えたキューサイは今、「青汁の会社」からの脱却を目指しているという。

「キューサイは青汁事業からケール事業へと大きく舵を切ります」と話すのは2017年に代表取締役社長に就任した神戸聡氏(50)だ。ケールはキューサイの青汁の原材料である野菜。ビタミンやミネラル、食物繊維などを多く含み、強い抗酸化力を持つため米国ではスーパーフードとしてハリウッド女優らセレブを中心に人気を博している。

「日本では馴染みの薄い野菜でしたが、近年は健康や美容への意識から需要が高まっています。スムージーなどの健康ドリンクに使われるし、生鮮ケールを扱うスーパーや食材店も増えている。そこで日本におけるケール食品のパイオニアとしてケールを前面に出し、さらに新たな商品を展開することにしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  7. 7

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る