櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「フレアス」看取り難民をゼロにするが目標のマッサージ店

公開日: 更新日:

 上場企業は約3600社。全部を知ることは不可能に近い。しかも、新規上場企業は年間で100社近くある。よく知らない銘柄が多いからこそ、「見て、聞いて、触って」知ることは大切なことになる。文字や数字からはうかがい知れない企業の本質がそこにあるからだ。

 今年3月マザーズに上場したフレアス(7062)。表面上の理解は「マッサージ業の全国展開」。街のアチコチにリラクセーションサロンなどが数多くある中で、どう差別化ができるのかと考えていたが、同社の澤登拓社長の話を聞いて自分の理解のなさに驚いた。

「2025年問題に向けて全力で頑張っていきます。在宅マッサージをはじめとした訪問サービスで、日本の看取り難民をゼロにし、利用者の時間の価値を最大化する。これこそフレアスが目指すビジョンです」

 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる超高齢社会の到来が「2025年問題」。社会全体に多大な影響を及ぼすと懸念されている。同社の中核は、より高い技能を基に利用者の満足度を高める「高付加価値マッサージ」を国家資格者であるマッサージ師によって在宅訪問で提供するサービス。在宅医療者対象の医師の指示・同意に基づいたマッサージ(医療類似行為)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  5. 5

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  9. 9

    日本で変異株が…ワクチン効きにくいと指摘の南ア型に酷似

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る