中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

4カ月連続で経済指標の悪化 東京五輪の景気回復は到底無理

公開日: 更新日:

 正月に年賀状を買いに都内の郵便局に行くと、東京五輪の寄付金付き1枚68円の年賀状しかなく、「63円の年賀状は売り切れです」と言われた。都外の郵便局に行くと63円の年賀状はいっぱい余っていて、そこで購入した。

 東京都が誘致した20年東京オリンピックだが、都民は寄付金付き年賀状をあまり購入していないように思えた。5円の寄付金が惜しいのだろうか。どうもオリンピック開催の歓喜が感じられない。

 1964年東京オリンピックを題材にした昨年のNHK大河ドラマいだてん」の期間平均視聴率(関東)は大河ドラマとしては過去最低の8・2%と初のひとケタ台を記録した。

 本当にオリンピック開催で景気が良くなるのだろうか。都心の正月でさえ、晴れ着姿の若い女性を見かけず、仕事始めの6日も普段着での出社である。

 東京・日本橋周辺ではホテルの建設ラッシュだが、近くの不動産業者に聞くと一斉にホテルが開業すれば、供給過剰でオリンピック終了後は、経営が大変だろうと言っていた。一時騒がれた民泊ブームも今はあまり話題にならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る