中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

4カ月連続で経済指標の悪化 東京五輪の景気回復は到底無理

公開日: 更新日:

 正月に年賀状を買いに都内の郵便局に行くと、東京五輪の寄付金付き1枚68円の年賀状しかなく、「63円の年賀状は売り切れです」と言われた。都外の郵便局に行くと63円の年賀状はいっぱい余っていて、そこで購入した。

 東京都が誘致した20年東京オリンピックだが、都民は寄付金付き年賀状をあまり購入していないように思えた。5円の寄付金が惜しいのだろうか。どうもオリンピック開催の歓喜が感じられない。

 1964年東京オリンピックを題材にした昨年のNHK大河ドラマ「いだてん」の期間平均視聴率(関東)は大河ドラマとしては過去最低の8・2%と初のひとケタ台を記録した。

 本当にオリンピック開催で景気が良くなるのだろうか。都心の正月でさえ、晴れ着姿の若い女性を見かけず、仕事始めの6日も普段着での出社である。

 東京・日本橋周辺ではホテルの建設ラッシュだが、近くの不動産業者に聞くと一斉にホテルが開業すれば、供給過剰でオリンピック終了後は、経営が大変だろうと言っていた。一時騒がれた民泊ブームも今はあまり話題にならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る