達人が語る副業成功のコツ「時給型よりも情報発信を軸に」

公開日: 更新日:

 2019年は副業ブームと呼ばれた。ネガティブにいえば、給料は頭打ち、年金は減額で一生働かないといけないムードだ。ポジティブにいえば、若いうちから働き口を一つにとらわれずに可能性を試せるともいえる。「副業の達人」にコツを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 19年は副業や複業が浸透してきました。IT企業など出勤の必要性が低いベンチャーでは、複数社で働くことが一般的になってきています。大手では日産自動車やロート製薬など一部ですが、仕事が属人化していない企業ですね。

 これからの時代、給与は上がりづらくなります。年収を12万円上げるのは大変です。だけど副業で12万円稼ぐのはそんなに難しくはありません。収入軸は本業に副業2つとか、3つくらい持ったほうがいい。知識は増える、転職もしやすくなる。スキルが上がれば会社に還元できます。ただ副業を会社が認めるまでは就業規則を守った範囲でやったほうがいいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る