達人が語る副業成功のコツ「時給型よりも情報発信を軸に」

公開日: 更新日:

 2019年は副業ブームと呼ばれた。ネガティブにいえば、給料は頭打ち、年金は減額で一生働かないといけないムードだ。ポジティブにいえば、若いうちから働き口を一つにとらわれずに可能性を試せるともいえる。「副業の達人」にコツを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 19年は副業や複業が浸透してきました。IT企業など出勤の必要性が低いベンチャーでは、複数社で働くことが一般的になってきています。大手では日産自動車やロート製薬など一部ですが、仕事が属人化していない企業ですね。

 これからの時代、給与は上がりづらくなります。年収を12万円上げるのは大変です。だけど副業で12万円稼ぐのはそんなに難しくはありません。収入軸は本業に副業2つとか、3つくらい持ったほうがいい。知識は増える、転職もしやすくなる。スキルが上がれば会社に還元できます。ただ副業を会社が認めるまでは就業規則を守った範囲でやったほうがいいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る