有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

アルペン<上>女性トラブルで辞任した創業者・水野泰三とは

公開日: 更新日:

 スポーツ用品大手のアルペン(東証1部)は2月12日、創業者である水野泰三(72)が代表取締役会長を辞任したと発表した。水野は同月10日、強制わいせつ致傷、窃盗、暴行で愛知県警中署に逮捕された。

 報道によると、水野は昨年11月29日、ホテルの客室で背後から女性の首を絞め、体に触るなどのわいせつ行為をして3週間のけがを負わせた。女性から10万円と運転免許証を盗み、客室外で女性の髪をつかむ暴行をした容疑である。

 水野は「口論になり、もみ合いになったが、暴力は振るっていない。わいせつなこともしていない。金も盗んでいない」と全面否認していた。

 当該女性との示談が成立。名古屋地検は2月15日、処分保留で水野を釈放。22日、不起訴処分にした。

 水野本人から「取締役として職責を十分に果たすことができないため、辞任したい」との申し出があり、アルペンは12日の取締役会で申し出を受理し、辞任を決議した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る