有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

メドレー<上>news23「小川アナの夫」は代表取締役を辞任

公開日: 更新日:

 医療ベンチャーのメドレー(東証マザーズ上場)の豊田剛一郎・共同代表(36)の不倫が文春オンラインで報じられた。

 メドレーは2月3日に、「豊田氏を代表取締役医師から取締役に降格」「2021年12月期分の役員報酬返上」「ストックオプション(新株予約権)の未行使分(32万株=同日終値5060円換算で16億円相当)の放棄」を発表した。不倫の代償は高くついた。

 妻はTBS系の報道番組「news23」でメインキャスターを務める小川彩佳アナ(36)。19年7月に入籍し、翌20年に第1子を出産した。小川は3カ月で番組に復帰した。

 文春によると、豊田氏の不倫相手はウェブ関係の仕事をする女性で、小川と同い年。結婚した頃には、もう親しい関係にあったという。豊田が引っ越し費用の負担や毎月10万2000円の金銭的援助をしていたことや、小川が仕事と育児の両立に追われている最中に3泊4日の沖縄旅行を楽しんでいた、と文春は、すっぱ抜いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る