亀裂は決定的 アッキー夫人が首相にまたまた“反旗”

公開日:  更新日:

 アッキーこと安倍首相の妻の昭恵夫人がまたダンナの政策に噛み付いた。政府・与党が進める東日本大震災の被災地の巨大な防潮堤建設事業に対し、市民団体のインタビューで「地元と行政との間で十分な合意形成ができていない。本当に必要とされているか分からない」と疑問を呈したのである。

 巨大防潮堤は岩手、宮城、福島の3県で着工を計画している。総延長370キロで、総事業費は8000億円。津波を防ぐのが目的だが、沿岸部の住民からは景観破壊や、観光客の減少を不安視する声が続出。反対運動が活発になっている。

 昭恵夫人はこうした声を受け、インタビューでは「国費を投じて建設されるのに、被災地以外に関心が持たれていない。防潮堤に莫大な予算を使うよりも、若者が新しい町づくりをしていける活動にお金が使えたらいいのに」と指摘。さらに「(首相)夫人としてこの問題を広く世に問うていきたい」と訴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る