亀裂は決定的 アッキー夫人が首相にまたまた“反旗”

公開日: 更新日:

 アッキーこと安倍首相の妻の昭恵夫人がまたダンナの政策に噛み付いた。政府・与党が進める東日本大震災の被災地の巨大な防潮堤建設事業に対し、市民団体のインタビューで「地元と行政との間で十分な合意形成ができていない。本当に必要とされているか分からない」と疑問を呈したのである。

 巨大防潮堤は岩手、宮城、福島の3県で着工を計画している。総延長370キロで、総事業費は8000億円。津波を防ぐのが目的だが、沿岸部の住民からは景観破壊や、観光客の減少を不安視する声が続出。反対運動が活発になっている。

 昭恵夫人はこうした声を受け、インタビューでは「国費を投じて建設されるのに、被災地以外に関心が持たれていない。防潮堤に莫大な予算を使うよりも、若者が新しい町づくりをしていける活動にお金が使えたらいいのに」と指摘。さらに「(首相)夫人としてこの問題を広く世に問うていきたい」と訴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る