深まる「贈収賄」疑惑…猪瀬はまるで徳洲会の“パシリ”

公開日:  更新日:

 5、6日の都議会で徳洲会マネーを追及された猪瀬直樹都知事(67)。5000万円の「見返り」に関する疑惑が出るわ出るわ。猪瀬本人は壊れたレコーダーのように苦しい釈明を繰り返したが、誰が見たって「贈収賄」の疑念は晴れない。

 猪瀬が打ち出した東京都の医療プロジェクトの数々は、ハッキリ言って徳洲会を喜ばせるものばかりだ。いい例が世界標準の医療の質を保証する「JCI(国際病院評価機構)認証」取得を目指す病院への支援策である。猪瀬都政は安倍政権の「国家戦略特区」構想に賛同し、9月に「世界で一番ビジネスしやすい国際都市づくり特区」を提案した。
「海外ビジネスマンの赴任を促すには、安心して医療を受けられる環境が不可欠というのが、猪瀬知事の持論。そのため、JCI取得を目指す病院への財政支援を国に求めたのですが、特区の提案書の認証取得病院一覧に、よりによって徳洲会の湘南鎌倉総合病院が出てくるのです」(都庁関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る