自民も手ぐすね…猪瀬知事、徳洲会の「女帝」逮捕で絶体絶命

公開日: 更新日:

 厚顔無恥な猪瀬知事といえど、いつまで粘れるか。

 都議会では、猪瀬を辞任に追い込もうと、最大会派の自民党が手ぐすね引いている。5日の代表質問と6日の一般質問では、都政に関する答弁は知事には求めないという。徳洲会から受け取った「5000万円」の問題を集中攻撃するのだ。都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。

「自民党は本気です。猪瀬知事が自ら身を引くまでジワジワ追い込んでいく。週明けは総務委員会に知事の出席を求めています。総務委は常設委員会だから、今後、何度でも呼ばれる。この問題に張りつけになって、都政にはタッチできず、同じ質問を繰り返され、記者からも毎日聞かれれば、普通の神経ならマイってしまう。それに、猪瀬知事が居座っているかぎり、議会が止まる。予算審議にも入れないし、彼が力を注いできた五輪の準備も前に進みません。どう考えても、予算を審議する年明けの定例会は乗り切れない。常識で考えれば、13日までの今会期中にも辞めるしかなくなると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る