猪瀬直樹だけじゃない! 徳洲会に“世話”になった知事たち

公開日:  更新日:

 徳洲会は豊富な資金力と職員の鉄の結束を武器に猪瀬直樹都知事以外にも、多くの地方トップと関係を深めてきた。都道府県知事は病院などの開設許可や、医療関連補助金の支出などで絶大な権限を握る。だから、接近するわけだが、猪瀬以外にも徳洲会に群がった面々はゴロゴロいる。

「徳田(虎雄)さんとは衆院議員時代、一緒に仕事をした仲ですから。知っていますからね。だから、選挙をやる人が(徳田に)『また、ひとつよろしくね』と言うのは儀礼的ではないですか」

 今月14日の定例会見で、そう語ったのは千葉県の森田健作知事だ。この日、最初に立候補して落選した05年の知事選のビラ配りや集会に、県内の徳洲会の病院職員が動員されていたことを報じられたのだ。

 森田は会見で「組織的に(動員を)『お願いします』と言ったことはない」と釈明したが、徳洲会との強い結びつきをうかがわせるエピソードは他にもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る