• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

猪瀬直樹だけじゃない! 徳洲会に“世話”になった知事たち

 徳洲会は豊富な資金力と職員の鉄の結束を武器に猪瀬直樹都知事以外にも、多くの地方トップと関係を深めてきた。都道府県知事は病院などの開設許可や、医療関連補助金の支出などで絶大な権限を握る。だから、接近するわけだが、猪瀬以外にも徳洲会に群がった面々はゴロゴロいる。

「徳田(虎雄)さんとは衆院議員時代、一緒に仕事をした仲ですから。知っていますからね。だから、選挙をやる人が(徳田に)『また、ひとつよろしくね』と言うのは儀礼的ではないですか」

 今月14日の定例会見で、そう語ったのは千葉県の森田健作知事だ。この日、最初に立候補して落選した05年の知事選のビラ配りや集会に、県内の徳洲会の病院職員が動員されていたことを報じられたのだ。

 森田は会見で「組織的に(動員を)『お願いします』と言ったことはない」と釈明したが、徳洲会との強い結びつきをうかがわせるエピソードは他にもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る