有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」

公開日: 更新日:

 医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件で、溺愛していた2人の娘を逮捕された徳田虎雄・前理事長(75)。自分が建設した湘南鎌倉総合病院の最上階特別室で眠れない夜を過ごしているに違いない。しかし、その病床には、有象無象たちが日参していた。

 徳田氏は、02年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病を発症。08年ごろには寝たきりになった。それでも眼球の動きだけで会話するなど生への凄まじい執念を見せている。現在は胃ろうで栄養を補給し、人工呼吸器で息をしている状態だ。

 そんな彼の入院先(湘南鎌倉総合病院へは12年に転院)には、見舞客や面会客が“イモ洗い状態”で訪問している。徳洲会の機関紙「徳洲新聞」(週刊)に掲載されている彼の一日のスケジュールを見ると、まさに分刻みの激務だ。

 日刊ゲンダイ本紙がその「徳田理事長の1週間」欄に記載された客のうち、08年以降に訪れた著名人(記事末尾)を抜粋してみると、ほぼこれだけで“内閣”がつくれる豪華さ。自民党からは小泉純一郎、谷垣禎一、古賀誠、野中広務らが訪れ、直近の9月8日には麻生太郎元首相の実弟の麻生泰氏(麻生セメント社長)が見舞っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る