「新ナンバー2」お披露目 “元老院”が北朝鮮を滅ぼす

公開日: 更新日:

 17日、平壌で開かれた金正日総書記死去2年となる中央追悼大会。処刑された張成沢・元国防副委員長に代わる事実上のナンバー2の座に就いたのは、金正恩第1書記の左隣に並んだ崔竜海・軍総政治局長ともっぱらだ。大会ではやたら「団結」を訴えていたが、ひな壇に並んだ面々を見ると、金王朝の崩壊を予感させる。

■金正恩は裸の王様に

 コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う。
「党の序列で言えば、右隣の金永南・最高人民会議常任委員長、右2番目の朴奉珠首相、そして左隣の崔竜海氏という順になりますが、金永南氏はすでに85歳と高齢で、朴奉珠氏は“経済テクノクラート”ですからね」

 だから崔というわけだが、崔も朴も一時は降格されたのに、張成沢に引き上げてもらって、正恩の最側近となり得た。要するに2人とも恩人を裏切った輩なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る