「新ナンバー2」お披露目 “元老院”が北朝鮮を滅ぼす

公開日:  更新日:

 17日、平壌で開かれた金正日総書記死去2年となる中央追悼大会。処刑された張成沢・元国防副委員長に代わる事実上のナンバー2の座に就いたのは、金正恩第1書記の左隣に並んだ崔竜海・軍総政治局長ともっぱらだ。大会ではやたら「団結」を訴えていたが、ひな壇に並んだ面々を見ると、金王朝の崩壊を予感させる。

■金正恩は裸の王様に

 コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う。
「党の序列で言えば、右隣の金永南・最高人民会議常任委員長、右2番目の朴奉珠首相、そして左隣の崔竜海氏という順になりますが、金永南氏はすでに85歳と高齢で、朴奉珠氏は“経済テクノクラート”ですからね」

 だから崔というわけだが、崔も朴も一時は降格されたのに、張成沢に引き上げてもらって、正恩の最側近となり得た。要するに2人とも恩人を裏切った輩なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る