日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都知事選 細川元首相の3本柱「小泉連携」「脱原発」「非民主」

 細川護煕元首相(75)が東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への出馬を本気で検討し始めた。日刊ゲンダイ本紙既報に続き、9日の朝日新聞や時事通信、TV各社が、細川に近い複数の関係者の話として立候補の可能性を伝えた。細川は「脱原発」を最大の争点にしたい意向。関係者らに「立候補は五分五分だ。勝ち負けじゃない」と話し、意欲を見せているという。

 自民党と公明党が舛添支持を固め、民主党も舛添への支援を検討中。知事選の有力候補は舛添1人に絞られつつあった。そんな構図を一変させる可能性があるのが細川だ。自公民相乗りの舛添に対し、細川は「脱原発」の無党派への支持拡大を狙う。

 細川は原発再稼働や海外への原発輸出に躍起の安倍政権を批判し、原発ゼロを目指す国民運動を推進中。「脱原発」を掲げる小泉純一郎元首相との連携も視野に入る。

 関係者のひとりは日刊ゲンダイ本紙の取材に対し、こう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事