橋本聖子 都知事選見送りのウラに女帝vs真央の確執

公開日: 更新日:

 次期都知事選に向け、自民党の候補者選びが難航している。20日午前、自民党都連所属の議員が都内のホテルに集まったが、出てきた答えは、一部メディアが「本命」と報じた橋本聖子参院議員(49)の擁立見送りだけだった。

 橋本は現在、日本スケート連盟の会長を兼務。来年2月のソチ五輪で日本選手団の団長を務める。周囲に「ソチに専念したい」と語り、本人が出馬に消極的だったのが、候補から外れた理由だ。橋本が都知事の座よりソチを選んだのは、選手団団長という要職を務めているためだけではない。

「橋本会長は、スケ連の“女帝”と浅田真央との確執が心配なのでしょう」と話すのはフィギュア関係者だ。スケ連の女帝とは、06年の連盟の不正経理事件で失脚した元理事でフィギュア部門強化部長だった城田憲子氏のことである。

「城田氏はアッという間に連盟に返り咲き、今も選手の指導にあたるなど完全に復権を果たした。どの国際大会にどの選手を派遣するのか、彼女はその権限を掌握し、息のかかった選手ほど有利な日程でシーズンを過ごせるといわれています」(フィギュア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る