橋本聖子 都知事選見送りのウラに女帝vs真央の確執

公開日:  更新日:

 次期都知事選に向け、自民党の候補者選びが難航している。20日午前、自民党都連所属の議員が都内のホテルに集まったが、出てきた答えは、一部メディアが「本命」と報じた橋本聖子参院議員(49)の擁立見送りだけだった。

 橋本は現在、日本スケート連盟の会長を兼務。来年2月のソチ五輪で日本選手団の団長を務める。周囲に「ソチに専念したい」と語り、本人が出馬に消極的だったのが、候補から外れた理由だ。橋本が都知事の座よりソチを選んだのは、選手団団長という要職を務めているためだけではない。

「橋本会長は、スケ連の“女帝”と浅田真央との確執が心配なのでしょう」と話すのはフィギュア関係者だ。スケ連の女帝とは、06年の連盟の不正経理事件で失脚した元理事でフィギュア部門強化部長だった城田憲子氏のことである。

「城田氏はアッという間に連盟に返り咲き、今も選手の指導にあたるなど完全に復権を果たした。どの国際大会にどの選手を派遣するのか、彼女はその権限を掌握し、息のかかった選手ほど有利な日程でシーズンを過ごせるといわれています」(フィギュア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る