厳戒態勢に1万6000人動員のはずが… 道案内役と化す警官たち

公開日:  更新日:

 オバマを迎えるために、東京都内は厳戒態勢だ。警視庁は職員の3分の1にあたる1万6000人もの人員を投入している。22日午後、主要駅の構内を歩くと、通行人ににらみを利かす警官と何人も出くわした。

 主要駅ではコインロッカーやゴミ箱が使用禁止になっているだけでなく、場所によっては飲料やアイスクリームの自販機まで販売中止になっていた。ここまでされると不便極まりないが、警視庁は「使用禁止にしたのはロッカーとゴミ箱だけです」と言う。自販機を設置している東京メトロも「ウチは知りません」。自販機メーカーの自主規制なのか?

 JR池袋駅の改札前に立っていた警官のところには頻繁に通行客が駆け寄り、道を尋ねていた。これでは警備どころじゃないのではないか。
「オバマさん一行が電車で移動するというなら我慢もしますけど、ゴミ箱まで使えないというのはやっぱり不便ですね」(旅行客の女性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る