厳戒態勢に1万6000人動員のはずが… 道案内役と化す警官たち

公開日:  更新日:

 オバマを迎えるために、東京都内は厳戒態勢だ。警視庁は職員の3分の1にあたる1万6000人もの人員を投入している。22日午後、主要駅の構内を歩くと、通行人ににらみを利かす警官と何人も出くわした。

 主要駅ではコインロッカーやゴミ箱が使用禁止になっているだけでなく、場所によっては飲料やアイスクリームの自販機まで販売中止になっていた。ここまでされると不便極まりないが、警視庁は「使用禁止にしたのはロッカーとゴミ箱だけです」と言う。自販機を設置している東京メトロも「ウチは知りません」。自販機メーカーの自主規制なのか?

 JR池袋駅の改札前に立っていた警官のところには頻繁に通行客が駆け寄り、道を尋ねていた。これでは警備どころじゃないのではないか。
「オバマさん一行が電車で移動するというなら我慢もしますけど、ゴミ箱まで使えないというのはやっぱり不便ですね」(旅行客の女性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る