厳戒態勢に1万6000人動員のはずが… 道案内役と化す警官たち

公開日: 更新日:

 オバマを迎えるために、東京都内は厳戒態勢だ。警視庁は職員の3分の1にあたる1万6000人もの人員を投入している。22日午後、主要駅の構内を歩くと、通行人ににらみを利かす警官と何人も出くわした。

 主要駅ではコインロッカーやゴミ箱が使用禁止になっているだけでなく、場所によっては飲料やアイスクリームの自販機まで販売中止になっていた。ここまでされると不便極まりないが、警視庁は「使用禁止にしたのはロッカーとゴミ箱だけです」と言う。自販機を設置している東京メトロも「ウチは知りません」。自販機メーカーの自主規制なのか?

 JR池袋駅の改札前に立っていた警官のところには頻繁に通行客が駆け寄り、道を尋ねていた。これでは警備どころじゃないのではないか。
「オバマさん一行が電車で移動するというなら我慢もしますけど、ゴミ箱まで使えないというのはやっぱり不便ですね」(旅行客の女性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  6. 6

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る