日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いよいよ末期的…議会で表面化した橋下市長の「被害妄想」

 大阪・橋下徹市長の“不規則発言”が物議をかもしている。今月14日、市議会本会議で共産党の北山良三市議から「2月に大義のない出直し市長選を行い、6億3000万円もの費用を使った。反省するべきではないか?」と質問を受けると、橋下はまともに答えず、こう切り返した。

「共産党の中に社会人としての対応をわきまえない若造議員が1人いる。議場でにらんできたり、人を小ばかにしたような笑い顔をしたり。ちゃんと教育してもらわないかぎり、非礼な態度で返す」

 意味不明な反論だが、橋下の言う「若造」とは議場にいた同じ共産党の小川陽太市議(36)のことだ。

 その後も橋下はフザケた態度を続けた。「大阪都構想を撤回すべき」などと詰め寄る北山氏に「撤回はしません」「(都構想は)このまま進めます」と“一言答弁”の繰り返し。見かねた木下吉信議長(自民)が2度にわたって誠実な答弁を求めても、橋下が態度を変えなかったため、議会は1時間40分も中断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事