• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いよいよ末期的…議会で表面化した橋下市長の「被害妄想」

 大阪・橋下徹市長の“不規則発言”が物議をかもしている。今月14日、市議会本会議で共産党の北山良三市議から「2月に大義のない出直し市長選を行い、6億3000万円もの費用を使った。反省するべきではないか?」と質問を受けると、橋下はまともに答えず、こう切り返した。

「共産党の中に社会人としての対応をわきまえない若造議員が1人いる。議場でにらんできたり、人を小ばかにしたような笑い顔をしたり。ちゃんと教育してもらわないかぎり、非礼な態度で返す」

 意味不明な反論だが、橋下の言う「若造」とは議場にいた同じ共産党の小川陽太市議(36)のことだ。

 その後も橋下はフザケた態度を続けた。「大阪都構想を撤回すべき」などと詰め寄る北山氏に「撤回はしません」「(都構想は)このまま進めます」と“一言答弁”の繰り返し。見かねた木下吉信議長(自民)が2度にわたって誠実な答弁を求めても、橋下が態度を変えなかったため、議会は1時間40分も中断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る