菅長官は得意げだが…拉致再調査「日本人を北に常駐」の罠

公開日: 更新日:

 おかげで日本は、ならず者のお友達と見なされてしまう。ますます世界から孤立するだろう。

 それでも日本の調査員の活躍で拉致が全面解決すればいいのだが、彼らが自由に動ける保証は何もない。

「北朝鮮が、どうぞ好き勝手に調べてください、というわけがありません。自由に外出することもままならず、事実上の引きこもり状態となる恐れが強い。日本から調査員を派遣したところで、再調査の真偽を確かめられるとは思えません」(李英和氏)

 それで日本側が「話が違う」とテーブルを蹴飛ばすことができれば簡単だが、拠点を置いた以上、派遣された職員も手ぶらでは帰れない。土産を持って帰ろうとするだろう。北朝鮮にとっては思うつぼだ。拉致解決をエサにして、国交正常化交渉の進展を求めやすくなる。ペースを握られた日本側は、戦後補償だ何だとカネだけ巻き上げられる最悪の展開も考えられるのだ。安倍政権は拉致で泥沼にはまる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る