高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

新しい米中関係を見誤るから「中国包囲網」の妄想に取りつかれる

公開日: 更新日:

 7月9日から2日間、北京で開かれた米中戦略対話について、日本のマスコミでは「東・南シナ海の緊張緩和で意見が対立」とか「ケリー米国務長官が『新しい大国関係』という言葉を使うのを避けた」とか、米中間に冷たいすきま風が吹いているかのような報道・解説が目立った。しかし、と日中関係に詳しい自民党関係者が言う。

「米中にいろいろ矛盾があるのは当たり前だが、この戦略対話がきちんと毎年開かれて今回第6回を迎えたこと自体、すでに両国の『新しい大国関係』が定着しつつある証拠なんだ。まず、昨年6月からの9カ月間で3回開かれている首脳会談、そしてこの外相・財務相級の定期対話、さらには、その下で、いま米中間には政治レベルと事務レベルで約90もの対話チャンネルができていて、ほとんど毎日のように何らかの協議が行われている。ところが日本は……ゼロ。天と地の違いだよ。与党幹部や閣僚が散発的に北京に行く程度だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る