高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

新しい米中関係を見誤るから「中国包囲網」の妄想に取りつかれる

公開日:  更新日:

 7月9日から2日間、北京で開かれた米中戦略対話について、日本のマスコミでは「東・南シナ海の緊張緩和で意見が対立」とか「ケリー米国務長官が『新しい大国関係』という言葉を使うのを避けた」とか、米中間に冷たいすきま風が吹いているかのような報道・解説が目立った。しかし、と日中関係に詳しい自民党関係者が言う。

「米中にいろいろ矛盾があるのは当たり前だが、この戦略対話がきちんと毎年開かれて今回第6回を迎えたこと自体、すでに両国の『新しい大国関係』が定着しつつある証拠なんだ。まず、昨年6月からの9カ月間で3回開かれている首脳会談、そしてこの外相・財務相級の定期対話、さらには、その下で、いま米中間には政治レベルと事務レベルで約90もの対話チャンネルができていて、ほとんど毎日のように何らかの協議が行われている。ところが日本は……ゼロ。天と地の違いだよ。与党幹部や閣僚が散発的に北京に行く程度だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る