高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

米中の本気の怒りに無頓着な安倍政権

公開日:  更新日:

 旧知の米国人アジア専門家と久しぶりに対話した。彼はこう聞いてきた。

「日本の政府やメディアは、習近平の訪韓をどう受け止めているのか」

 日本では、もっぱら日朝間で拉致被害者の調査が始まるというニュースに関心が集まっている。

「そうだろうとは思うが、安倍政権は、その2つの出来事を表裏一体のこととして捉えていないのか?」

 残念ながらその視点はないと思うと答えると、「まずいな、それは…」と言うのだった。

 彼の見方はこうだ。習近平が主席就任後、かつて「血で結ばれた兄弟」とまで認め合った北朝鮮をまず訪問するという不文律を破って、先に韓国を訪問し、しかも国賓として大歓迎を受けた。これはピョンヤンに対する強烈なメッセージで、金正恩は震え上がったと思う。それは単に外交儀礼上の順番とかいう次元の話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る