高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

米中の本気の怒りに無頓着な安倍政権

公開日: 更新日:

 旧知の米国人アジア専門家と久しぶりに対話した。彼はこう聞いてきた。

「日本の政府やメディアは、習近平の訪韓をどう受け止めているのか」

 日本では、もっぱら日朝間で拉致被害者の調査が始まるというニュースに関心が集まっている。

「そうだろうとは思うが、安倍政権は、その2つの出来事を表裏一体のこととして捉えていないのか?」

 残念ながらその視点はないと思うと答えると、「まずいな、それは…」と言うのだった。

 彼の見方はこうだ。習近平が主席就任後、かつて「血で結ばれた兄弟」とまで認め合った北朝鮮をまず訪問するという不文律を破って、先に韓国を訪問し、しかも国賓として大歓迎を受けた。これはピョンヤンに対する強烈なメッセージで、金正恩は震え上がったと思う。それは単に外交儀礼上の順番とかいう次元の話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る