「めぐみさん生存」 拉致に火つけた元工作員に流れる謀殺説

公開日:  更新日:

 拉致被害者の調査は第1次のリストが早ければ今月末、遅くとも9月中に公表されるといわれているが、不思議なのは拉致問題に火をつけた元北朝鮮工作員の安明進氏がまったくメディアに姿を現さないことだ。

 安氏は「横田めぐみさんは絶対に生きている」と横田滋・早紀江さん夫妻の前で断言した人物。05年には拉致問題の内幕本を出版し、その後、北朝鮮の覚醒剤を密輸したとして韓国で裁判にかけられたが、07年に執行猶予がついて釈放された。彼を何度か取材したが、おしゃべりな性格だ。拉致問題がクローズアップされているこのタイミングだったら何かを発信したがるはずだ。ところが消息がまったく聞こえてこない。それで、よくよく調べてみると、安氏が中国か北朝鮮で謀殺されたという情報が飛び込んできた。

■偽名を使い中韓を往来

「安氏は釈放された後もいくつかの偽名を使い、韓国と中国を行き来していました。韓国の国家情報院の命を受けて覚醒剤の密売人を装い、北朝鮮国内への浸透工作を請け負っていたようです。つまりスパイです。ところが、2年前に中国に出国したきり姿をくらましてしまった。中国で工作員に拘束され、北朝鮮に連れていかれて国家護衛部に謀殺されたという情報が有力です」(韓国情報筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る