「めぐみさん生存」 拉致に火つけた元工作員に流れる謀殺説

公開日:  更新日:

 拉致被害者の調査は第1次のリストが早ければ今月末、遅くとも9月中に公表されるといわれているが、不思議なのは拉致問題に火をつけた元北朝鮮工作員の安明進氏がまったくメディアに姿を現さないことだ。

 安氏は「横田めぐみさんは絶対に生きている」と横田滋・早紀江さん夫妻の前で断言した人物。05年には拉致問題の内幕本を出版し、その後、北朝鮮の覚醒剤を密輸したとして韓国で裁判にかけられたが、07年に執行猶予がついて釈放された。彼を何度か取材したが、おしゃべりな性格だ。拉致問題がクローズアップされているこのタイミングだったら何かを発信したがるはずだ。ところが消息がまったく聞こえてこない。それで、よくよく調べてみると、安氏が中国か北朝鮮で謀殺されたという情報が飛び込んできた。

■偽名を使い中韓を往来

「安氏は釈放された後もいくつかの偽名を使い、韓国と中国を行き来していました。韓国の国家情報院の命を受けて覚醒剤の密売人を装い、北朝鮮国内への浸透工作を請け負っていたようです。つまりスパイです。ところが、2年前に中国に出国したきり姿をくらましてしまった。中国で工作員に拘束され、北朝鮮に連れていかれて国家護衛部に謀殺されたという情報が有力です」(韓国情報筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る