安倍政権が評価 拉致調査に絡む「国家安全保衛部」の怪しさ

公開日: 更新日:

 3日、北朝鮮への独自制裁の一部解除を決めた安倍政権。北が設置する調査委員会に「特別な調査権限」があると判断したためで、安倍首相は「国家的な決断、意思決定をできる組織が前面に出るかつてない体制ができた」と評価した。

 調査委を束ねる委員長には、国防委員会安全担当参事を兼務するソ・テハ国家安全保衛部副部長が就任。国防委はトップの第1委員長を金正恩が務める“北の最高軍事指導機関”だ。国家安全保衛部はその下部組織にあたり、金正恩が直轄し、スパイや反体制派を取り締まる「秘密警察」みたいな治安機関だという。どんな組織なのか。

■米FBI、ナチスのゲシュタポに近い組織

 デイリーNK東京支局長の高英起氏が言う。
「脱北者を摘発したり、政治犯を監視下に置くのを主な任務とし、元ナンバー2の張成沢氏の処刑を主導したのも国家安全保衛部とされています。あえて例えるなら米国のFBI、旧ナチスのゲシュタポに近い組織といえそうですが、あまりに情報が断片的なため全体像がつかめません。指揮命令系統や組織の数なども不明です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る