石破幹事長留任か いじめムード蔓延で内閣改造「方針転換」

公開日: 更新日:

 自民党の石破茂幹事長の処遇が焦点になっている9月上旬の内閣改造。石破幹事長を来年秋の総裁選に出馬させないために、安倍首相はなにがなんでも「閣内」に封じ込めるつもりだったが、ここにきて一転、幹事長に“留任”させるという情報が流れている。

「安倍首相は石破さんを“安保担当相”に押し込めるハラでした。でも、2度、3度と直々に要請しても石破さんはクビを縦に振らない。どうやら、石破さんのバックについている参院のドンだった青木幹雄さんが<閣僚を引き受けたら総理の目はなくなるわね>と忠告しているらしい。首相周辺は<安保相を断ったら無役にするぞ>と脅せば、屈すると甘く見ていたが、さすがに<安保相に就けるのは難しい>と諦めはじめています」(官邸事情通)

■地方に根強い「留任」の声

 当初、官邸サイドは「総理が3度も入閣を打診した」とマスコミにリークすれば、「総理がここまで頼んでも断るのか」と石破幹事長を悪者にできると計算していたらしいが、予想に反して、党内は「総理が石破幹事長をいじめている」というムードが強まっている。とくに地方組織は「幹事長留任」を求める声が強く、辞めさせたら総理が批判されかねないと、官邸周辺は「幹事長留任」に傾いているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る