日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「安保相」一蹴 石破幹事長を担ぎ始めた意外な“安倍包囲網”

 9月上旬に行われる内閣改造。焦点は、石破茂幹事長の処遇だ。安倍首相は、唯一のライバルである石破幹事長を「安保相」に就け、閣内に封じ込めるつもりだ。すでに3回以上「安保相就任」を直接打診している。しかし、石破幹事長は入閣を断り、安倍首相と“対決”するハラらしい。

 安倍首相は、なにがなんでも石破茂を安保相に就け、閣内に“幽閉”するつもりでいる。狙いは、来年秋に予定されている総裁選に出馬させないことだ。集団的自衛権に関する法改正は1~2年かかる。安保相に就けてしまえば、内閣の一員だから、さすがに総理に反旗を翻して総裁選には出馬できない。

「いま党内で安倍首相の対抗馬になれるのは石破さんくらいです。石破さんが出馬しなければ、安倍首相の無投票再選となる可能性が高い。だから、なんとか閣内に入れようと、首相周辺は<安保相を断ったら無役にする><幹事長をやめて無役になったら誰も相手にしないぞ>と揺さぶっています」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事