日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

読売64%、毎日47% 内閣支持率バラバラ…本当の世論は?

 いったい、どの数字が正しく世論を反映しているのか。

 5日、新聞各紙が安倍内閣の支持率を発表した。内閣改造後、最初の世論調査だっただけに注目されたが、新聞社によって数字がバラバラなのだ。

 とくに、“アップ幅”が大きく違っている。

 たとえば、毎日新聞の調査結果は、前回と変わらない支持率47%だった。ところが、共同通信は5・1ポイント上昇の54・9%、読売新聞にいたっては13ポイントも上昇し支持率64%だった。調査日も調査方法も同じなのに、片や上昇ゼロ、片や13ポイントもアップするというのは、どういうことなのか。明大教授の井田正道氏(計量政治学)がこう言う。

「3紙の調査で共通しているのは、いずれも不支持が30%前後だということです。毎日32%、共同29%、読売29%。なのに、なぜ毎日と読売は支持率が大きく違うのか。ポイントは、毎日新聞は“支持”“不支持”の他に“関心がない”という項目を用意していることです。“関心がない”は18%もあります。この“関心がない”という層に、“それでも強いて支持、不支持のどちらか選ぶとしたら?”と重ねて聞くと、たいてい“まあ、支持かな”と答えます。とくに、今回のように女性閣僚を5人誕生させたようなイベントの直後では“まあ、支持かな”という回答が増える。毎日新聞と読売新聞の差は、それが原因だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事