ノーベル賞便乗の安倍首相 研究者の意欲削ぐ「特許改革」画策

公開日: 更新日:

 久々の「明るいニュース」に日本中が沸いた。実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人のノーベル物理学賞受賞である。例によって、メディアは「日本の誇り」とお祭り騒ぎ。安倍首相もさっそく、赤崎教授に電話して、「日本人みんなが誇りに思い、喜んでいる」とパフォーマンスを見せた。

 下村文科相も省内で取材に応じ、「日本らしい、環境を考えた発明を世界が評価した。日本人として誇らしい」「一気に3人というのは想定外。本当に素晴らしい」と興奮気味に話していたが、ジャーナリストの山田順氏は「日本人3人が受賞と騒いでいるのは、日本国内だけですよ」と、こう言う。

ノーベル賞のサイトでは、米国籍の中村教授は“American citizen”と紹介されています。W杯やオリンピックもそうですが、日本人は内容よりも、血のつながりによって功績を称える傾向がある。こういう発想は、ともするとナショナリズムに結びつきやすい。相変わらずのムラ社会だと感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る