かつてリベラルだった高市早苗大臣が靖国固執に走ったワケ

公開日: 更新日:

「毎年、春も夏も秋も、英霊に感謝と尊崇の念を捧げてきた」――。また女性閣僚の発言が波紋を広げている。高市早苗総務相が14日、17日からの靖国神社の秋季例大祭に合わせ参拝する意向を表明した。

 日中関係の改善に向け、安倍首相周辺は11月に北京で開催されるAPECでの日中首脳会談を模索中だ。その折も折、閣僚のひとりが靖国参拝を強行すれば日中間に余計な波風が立つ。
 中国共産党の機関紙「人民日報」のオンライン版も速報し、公明党の山口代表も15日、参拝回避を求めた。

 自分の思想・信条を引っ込めて、「政府の方針に従う」と国会で“宣言”した高市大臣の参拝表明には「首相周辺が彼女を使って靖国参拝断念を首脳会談の条件とする中国側の出方を探っているのではないか」(政府関係者)という見方もある。

 とはいえ、高市氏といえば「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーで、いまやタカ派の急先鋒のように振る舞っているが、こんな指摘がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る