ベビー用品に化粧品…小渕大臣「御用達」親族企業は雲隠れか

公開日: 更新日:

 政治資金で、支持者向けの観劇会費用を負担していた疑惑や、親族企業から多額の物品を購入していた問題が発覚した小渕優子経産相(40)。特に首をかしげたくなるのが、小渕の実姉、暁子氏の夫が経営する紳士・婦人雑貨販売会社「コンセプション」(東京)への支出だ。小渕の資金管理団体「未来産業研究会」の政治資金収支報告書によると、2010~12年の3年間で計245万円余りを「品代」「書籍代」名目で支払っている。

 同社は09年2月に設立され、アパレルや雑貨などを扱うセレクトショップだ。ブランド品のほか、暁子氏がデザインしたネクタイ、ハンカチなどを扱っており、小渕は購入理由について、16日の参院経産委員会で、海外出張の際の「贈答品」や「土産品」などと説明。「私の姉がつくったものです、というと喜ぶ人もいる」とトボケていた。

 しかし、「贈答品」や「土産品」ならポケットマネーで支払うのが筋だ。どんなに言い訳しても、ハタから見れば、親族企業への政治資金の「還流」「公金私物化」としか思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る