日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

税のプロがなぜ? 宮沢洋一経産相は原発再稼働の「答弁屋」

 小渕優子氏(40)からバトンタッチして経産相に就任した宮沢洋一氏(64)。衆院3期、参院1期で待望の初入閣となった。伯父は宮沢喜一元首相、父の宮沢弘も元法相。岸田外相がいとこという政治一家の出身である。

「東大法学部卒の元大蔵官僚です。証券局時代は、あの片山さつきの直属の上司でした」(政治評論家の有馬晴海氏)

 安倍首相は宮沢氏を指名した理由について「自民党税制調査会の要であり、税のプロともいわれている」と説明していたが、経産相といえば、目下の最大の懸案は原発再稼働問題。税のプロだろうと関係ない。原発再稼働について記者に聞かれると、「原子力規制委員会に(安全審査を)任せている話から始まって、一定のプロセスが決まっている。それをしっかりやっていく」と、いかにも元官僚らしい無難な受け答えだった。

 自民党の公務員制度改革案をまとめたのも宮沢氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事