美術品、クイズ本…舛添都知事「調査研究費」の苦しい言い訳

公開日: 更新日:

 舛添要一・東京都知事は21日、参院議員時代に代表だった2つの政治団体が美術品、コミック、クイズ本などを「調査研究費」で買っていたことについて定例会見で説明、全く問題はないと開き直った。

 美術品については「いろいろな意味で日仏文化交流の時の材料になっている」などと説明。「クレヨンしんちゃん」を購入したことに関しては、子供を持つ女性から「しんちゃんの言葉遣いが悪く、子供がまねをするので政治の力でどうにかならないか」との陳情を受け、対応するために購入。クイズ本も「子どもがクイズばかりやっていて勉強しない」との陳情を受け、確認するために購入したそうだ。苦しい言い訳にしか聞こえない。

 そして「私はバーとかキャバレーとかに行かない。それなら神田神保町に行ったり、ネットで国民のための資料を一生懸命に見つけたりして、国民のための勉強をしてやろうと思っている。一切問題はないと明確に申し上げたい」と断言した。

 舛添センセーは、ささいな陳情にまで懇切丁寧に対応している?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  9. 9

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る