菅官房長官が受け取った親密税理士からの怪しい個人献金

公開日:  更新日:

 選挙戦のドサクサ紛れに、平成25年分の政治資金収支報告書が公開されたが、その中で見過ごせないのが、菅義偉官房長官の「収支報告」に出てくる怪しい献金だ。

「東日本税理士法人」(新宿区)の代表社員の長隆氏なる人物が、菅が代表者の「自由民主党神奈川県第二選挙区支部」に対し、平成25年2月から12月まで毎月10万円、合計で110万円を献金。さらに菅が代表の「横浜政経懇話会」にも10万円を献金していることだ。

 これが問題視されているのは、長氏がいわくつきの人物だからである。

「長氏は税理士の立場を利用して、『公的病院等への補助制度(特別交付税措置制度)』に関するコンサル業務をやっている人です。『病院経営改革へ なぜ、わたしは戦い続けるのか』という著書もある。第1次安倍政権時代に総務大臣だった菅氏は、省内に『公立病院改革懇談会』をつくった。その座長に抜擢したのが長氏という関係です」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る