• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2世議員ばかりの中でのし上がった「武闘派」菅義偉官房長官

■菅儀偉官房長官(65=神奈川2区、当選6回)

 まだ当選6回、政策に強いわけでもなく、経歴もパッとしないのに、いつの間にか実力者にのし上がっている。内閣改造をした時も、真っ先に“留任”が決まった。

「菅さんがのしているのは、自民党が2世議員と官僚出身ばかりになった裏返しです。菅さんは、今どき珍しい市議あがりの叩き上げで武闘派。かつては菅さんのようなタイプは腐るほどいたが、いま党内で、寝技、恫喝、裏交渉……をできるのは菅さんくらいしかいない。何かあれば皆、菅さんを頼っている。安倍首相も細かいことは丸投げしている。党人派が多かった20年前だったら、ここまで実力者あつかいされなかったはずです」(自民党関係者)

●集団就職 秋田県生まれ。県立湯沢高校卒業後、集団就職で上京。段ボール工場で働きながら、法大を卒業している。26歳の時、自民党の大物代議士だった小此木彦三郎の秘書になり、その後、横浜市議に2回当選。96年に国政に転じている。本人も「集団就職」「苦労人」「農家の長男」といったエピソードを売り物にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る