2世議員ばかりの中でのし上がった「武闘派」菅義偉官房長官

公開日: 更新日:

■菅儀偉官房長官(65=神奈川2区、当選6回)

 まだ当選6回、政策に強いわけでもなく、経歴もパッとしないのに、いつの間にか実力者にのし上がっている。内閣改造をした時も、真っ先に“留任”が決まった。

「菅さんがのしているのは、自民党が2世議員と官僚出身ばかりになった裏返しです。菅さんは、今どき珍しい市議あがりの叩き上げで武闘派。かつては菅さんのようなタイプは腐るほどいたが、いま党内で、寝技、恫喝、裏交渉……をできるのは菅さんくらいしかいない。何かあれば皆、菅さんを頼っている。安倍首相も細かいことは丸投げしている。党人派が多かった20年前だったら、ここまで実力者あつかいされなかったはずです」(自民党関係者)

●集団就職 秋田県生まれ。県立湯沢高校卒業後、集団就職で上京。段ボール工場で働きながら、法大を卒業している。26歳の時、自民党の大物代議士だった小此木彦三郎の秘書になり、その後、横浜市議に2回当選。96年に国政に転じている。本人も「集団就職」「苦労人」「農家の長男」といったエピソードを売り物にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る