高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

自民党議員も頭を抱える 首相の時代錯誤、無知無教養、幼児性…

公開日: 更新日:

 旧知の自民党ベテラン県議から連絡があって、東京に来ているのでちょっと会おうとお誘いがあった。何かと思えば、「安倍晋三首相が国会で『日教組はどうした』などとやじを飛ばしているのを見て、こりゃあもうダメだ、こんなヤツをいつまでも総理に置いていたら日本はおしまいだと思いつめて上京し、何人かの大物幹部と会って意見交換した」のだと言う。

「だって、あれは品格とかいう以前の問題で、総理が予算委員会の閣僚席からヘイトスピーチを吐いているようなものでしょう。『日教組』という御札を突き付ければ野党議員は黙るだろうと考える、その時代錯誤。しかも、日教組が国から補助金をもらっていると思い込んでいた無知、無教養。カッとなると自分を抑えられない幼児性。今どき、うちの県議会にだって、こんな馬鹿な政治家はいないよ」と、まあボロクソなのだ。

 彼はもともと宏池会系のハト派だということもあるが、春の統一地方選を控えて余計に危機感を募らせたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る