翁長知事が5月訪米で仕掛ける「辺野古」逆転の“ウルトラC”

公開日: 更新日:

 17日に開かれた沖縄県の翁長雄志知事と安倍晋三首相の初会談。「平行線」の舞台裏では、官邸の不誠実な対応に沖縄県が激怒していた。呆れた翁長知事は5月下旬にも訪米して米国防総省や国務省などに直接、移設反対を訴える考えで、辺野古移設をひっくり返す「ウルトラC」もあるという。

■翁長知事のカメラ前発言を打ち切り

 初会談で翁長知事と沖縄県を激怒させたのは、“だまし討ち”ともいえる官邸の対応だ。安倍首相、翁長知事双方とも、カメラ前の発言時間を事前に5分間と決めたのに、官邸は翁長知事が3分余り話した時点で突然、打ち切ったのだ。沖縄県は急きょ、非公開となった発言内容に加え、その後の双方の発言メモを報道陣に公開した。

 おそらく官邸は「辺野古移設が唯一の解決策」と強調した安倍首相の姿を大々的に報じさせ、翁長知事の発言を小さく扱わせようと“画策”したのだろう。あまりにセコイ話で、あらためて安倍政権が沖縄県民の声を聞く気がないことがハッキリした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る