• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

対ロ関係が急速に悪化…北方四島の「ビザなし交流」突然中止

 米国ベッタリの安倍外交に、ロシアが急速に反発を強めている。

 ロシアのラブロフ外相が19日付のロ紙のインタビューで、日本を「第2次世界大戦の結果に疑いを持つ唯一の国」と猛批判したのに続き、ロシアのナルイシキン下院議長も高村正彦副総裁との会談で「ウクライナ問題をめぐる日本の対ロ制裁が、両国間の障害になっている」と訴えた。

 今月13日には、5月から始まる予定だった北方四島「ビザなし交流」について、ロシア側が突然の中止を申し入れるなど、ピリピリムードだ。

 安倍首相は今月、モスクワで行われた対独戦勝70周年記念式典への出席を取りやめた。多忙を理由にしていたが、欧米と足並みを揃えるためだ。その直前には3連チャンゴルフをやっているのだから、ロシアの神経を逆なでしたのだろう。

 さらに、来月上旬には、ウクライナを訪問する予定だとも報じられている。ウクライナとは停戦合意したものの、いまだ“緊張状態”にあるロシアが、真意をいぶかるのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る