安保法案デモ 話題の学生団体「SEALDs」中心メンバーに聞く

公開日: 更新日:

 安保法案「NO」で渋谷・ハチ公前や国会前に数千人規模を集める大学生グループ「SEALDs」に注目が集まっている。中心メンバーの明治学院大国際学部4年生の奥田愛基さん(23)は、「安保法案を本当に止めたいんです」と強い決意。大学生の輪が大人を巻き込み、安倍官邸もビビり始めた。

 大学名が入ったパーカ姿で現れた奥田さん。どこにでもいそうな今風の若者だ。

「そもそも、僕たちはデモのやり方が分からなかった。『シュプレヒコール』も日常の言葉じゃないから違和感を感じたし。でも、ライブやコンサートで声を出すような感じで、僕たちなりのやり方でいいんだと思って。いま『憲法守れ』『民主主義を守れ』などと、掛け合いで声を出しています。デモを日常感覚に戻したいなと思っています」

 SEALDsは、特定秘密保護法に反対する「SASPL」という団体の後を引き継ぐ形で、今年の5月3日に設立された。関東に160人、関西にも100人のメンバーがいる。加えて、LINEやツイッターでその存在を知った各地の若者が、全国でそれぞれグループを増殖させている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る