各地に“増殖中” 緩やかな連帯で全国に支部が広がっている

公開日: 更新日:

「SEALDs(シールズ)」が各地に増殖している。7月29日、国会前で安保法制反対集会を続けるシールズに賛同する宮城県内の大学生が「SEALDs TOHOKU」を結成した。2日後には、都内で開かれたシールズと大学教授らの集会に参加。代表して東北大2年の斎藤雅史さん(19)がこう訴えた。

「8月9日に学生デモパレードを行います。仙台では初めてです」「安倍政権は福島の原発事故の責任を負わず、復興予算のお金を減らしました。そんな安倍政権が国民の命に責任が持てるはずがありません。東北にいるとよく分かります」「(安保法制を)本当に止めます。最後まで声を上げます」

 東京以外では、すでに「SEALDs KANSAI」が発足。6月21日に京都でデモを行い、7月15日には大阪で街宣活動を行ったが、ここでの寺田ともかさん(21)のスピーチが好評で、動画が拡散されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る