安倍政権が始めた「新国立見直し」ネット意識調査の“今更感”

公開日:  更新日:

 何を今更だろう。

 ゼロベースで計画を見直すことになった新国立競技場。その“調整役”になった内閣官房「新国立競技場の整備計画再検討推進室」が4日から、「ヤフー!ニュース」の意識調査を利用し、国民から意見を募集し始めた(18日午前0時まで受け付け)。

 そのネット調査は、安倍首相の意向をくんで、「魅力あるスタジアムにするために何が必要?」「コスト抑制のために何をすべき?」という2問を設け、選択式で回答。結果は、9月上旬までに策定する新たな計画に反映させるという。

「国民の皆さんの意見を広く、参加しやすい形で集めるためのもの」(同室担当者)というが、そんなの、ご破算になったザハ・ハディド案に決まる以前にやっておくべき調査じゃないか。

 実際、「魅力ある」については4日午後9時現在で、「アスリート(競技者)にとって、使いやすい施設にする」という回答が4割超えとダントツ。「優れたデザインにより、シンボル性・ランドマーク性を発揮する」が4%で最下位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る