安倍政権が始めた「新国立見直し」ネット意識調査の“今更感”

公開日:  更新日:

 何を今更だろう。

 ゼロベースで計画を見直すことになった新国立競技場。その“調整役”になった内閣官房「新国立競技場の整備計画再検討推進室」が4日から、「ヤフー!ニュース」の意識調査を利用し、国民から意見を募集し始めた(18日午前0時まで受け付け)。

 そのネット調査は、安倍首相の意向をくんで、「魅力あるスタジアムにするために何が必要?」「コスト抑制のために何をすべき?」という2問を設け、選択式で回答。結果は、9月上旬までに策定する新たな計画に反映させるという。

「国民の皆さんの意見を広く、参加しやすい形で集めるためのもの」(同室担当者)というが、そんなの、ご破算になったザハ・ハディド案に決まる以前にやっておくべき調査じゃないか。

 実際、「魅力ある」については4日午後9時現在で、「アスリート(競技者)にとって、使いやすい施設にする」という回答が4割超えとダントツ。「優れたデザインにより、シンボル性・ランドマーク性を発揮する」が4%で最下位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る