担当役人ひとりクビ…「新国立」誰も責任を取らないデタラメ

公開日: 更新日:

 まさに、トカゲのしっぽ切りだ。巨額な工費により建設計画が白紙となった新国立競技場問題。文科省は28日、整備計画を担当していた久保公人スポーツ・青少年局長(58)が辞職すると発表した。

 久保氏は定年まで1年半以上残しており、新国立を巡る問題を受けた事実上の更迭だ。後任には高橋道和・内閣官房教育再生実行会議担当室長を起用するという。

 安倍政権としては、これで事態の幕引きを図りたいところだが、そんなことが許されるのか。

「役人ひとりに責任をなすりつけるのは、本当にひどい話です。一番悪いのは、無計画に工事を発注したJSC(日本スポーツ振興センター)。トップの河野一郎理事長は辞任すべきです。2番目はデザインを採用した建築家の安藤忠雄氏。コスト面について把握していなかったのは、建築家としてあり得ない。3番目は東京五輪組織委員会の森喜朗会長。『オレが、オレが』といろんなところにしゃしゃり出てきて事態を一層混乱させました」(建築ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る