訴訟ラッシュも? 傷だらけの「五輪エンブレム」撤回秒読みか

公開日:  更新日:

 取り下げも秒読みか。東京五輪エンブレムの酷似問題で、制作者のアートディレクター佐野研二郎氏(43)はエンブレムに続き、トートバッグのコピペ問題でも訴えられそうになってきた。ネット上では「東京パクリンピック」なんてからかわれる始末。もうゴリ押しするのは無理だ。

 佐野氏によるエンブレムデザインの盗用を主張しているベルギーのデザイナー、オリビエ・ドビ氏らは14日、国際オリンピック委員会(IOC)を相手取り、地元裁判所に使用差し止めを求めて提訴したことを明らかにした。裁判は来月22日に始まる予定だ。

 さらに佐野氏自ら、スタッフによる複写、要するにコピペを認めたトートバッグについても、“原作者”の米国人デザイナーが「法的手段も検討する」と話しているという。

 そんな佐野氏を「真似する人じゃない」などとかばっていた女性アートディレクターまで、ネット上で盗用疑惑を指摘されるなど、騒動の火に油を注ぐ事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る