桜・扇モチーフが話題 「五輪エンブレム」ネット公募のススメ

公開日:  更新日:

 いっそのこと、“ネット公募”にしてはどうか。アートディレクター佐野研二郎氏(43)のパクリ疑惑に揺れる東京五輪のエンブレム問題で、デザイナーたちが独自に考えたエンブレムをインターネット上に公開して話題になっている。“日本らしさ”を表現したエンブレムに、「華やか」「『和』を感じる」と絶賛の声が相次いでいるのだ。

「桜」をモチーフにしたエンブレムを公開したのは、フリーデザイナーの梅野隆児氏(47)。公開した動機について〈クローズドな五輪エンブレムコンペに参加できなかった悔しさと、そんなコンペへの異議申し立てです〉とツイッター上でコメントした。

 また、「扇」をモチーフとしたスペイン在住の日本人グラフィックデザイナーは、ツイッターで〈扇は末広がりで縁起がいいものとされ、古くから応援するときの道具として使われてきたので、オリンピックのモチーフとして最適〉と説明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る