桜・扇モチーフが話題 「五輪エンブレム」ネット公募のススメ

公開日: 更新日:

 いっそのこと、“ネット公募”にしてはどうか。アートディレクター佐野研二郎氏(43)のパクリ疑惑に揺れる東京五輪のエンブレム問題で、デザイナーたちが独自に考えたエンブレムをインターネット上に公開して話題になっている。“日本らしさ”を表現したエンブレムに、「華やか」「『和』を感じる」と絶賛の声が相次いでいるのだ。

「桜」をモチーフにしたエンブレムを公開したのは、フリーデザイナーの梅野隆児氏(47)。公開した動機について〈クローズドな五輪エンブレムコンペに参加できなかった悔しさと、そんなコンペへの異議申し立てです〉とツイッター上でコメントした。

 また、「扇」をモチーフとしたスペイン在住の日本人グラフィックデザイナーは、ツイッターで〈扇は末広がりで縁起がいいものとされ、古くから応援するときの道具として使われてきたので、オリンピックのモチーフとして最適〉と説明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  6. 6

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る