桜・扇モチーフが話題 「五輪エンブレム」ネット公募のススメ

公開日:  更新日:

 いっそのこと、“ネット公募”にしてはどうか。アートディレクター佐野研二郎氏(43)のパクリ疑惑に揺れる東京五輪のエンブレム問題で、デザイナーたちが独自に考えたエンブレムをインターネット上に公開して話題になっている。“日本らしさ”を表現したエンブレムに、「華やか」「『和』を感じる」と絶賛の声が相次いでいるのだ。

「桜」をモチーフにしたエンブレムを公開したのは、フリーデザイナーの梅野隆児氏(47)。公開した動機について〈クローズドな五輪エンブレムコンペに参加できなかった悔しさと、そんなコンペへの異議申し立てです〉とツイッター上でコメントした。

 また、「扇」をモチーフとしたスペイン在住の日本人グラフィックデザイナーは、ツイッターで〈扇は末広がりで縁起がいいものとされ、古くから応援するときの道具として使われてきたので、オリンピックのモチーフとして最適〉と説明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る