15日公聴会…最後まで首相の都合で進む「安保法案採決」日程

公開日: 更新日:

 最後まで自分の都合か。安保法案の採決の前提となる中央公聴会が15日に開催されることが決まり、与党は翌16日の参院平和安全法制特別委員会で採決、その日の参院本会議に緊急上程し、可決、成立させる方針だが、このタイミングに落ち着いたのは、安倍首相の“事情”が大きく影響している。

 野党は、ヤマ場の安保法案を巡って、審議拒否や首相の問責決議案などで揺さぶり、徹底抗戦する構えで、採決できずに19日からの連休に入れば今国会中の法案成立が難しくなる。

 野田聖子前総務会長が総裁選出馬を断念したことで、総裁選は無投票再選が決まったが、立候補して選挙戦になっていれば開票は20日で、ヤマ場の安保法案の審議と選挙戦がぶつかるのだ。一方、安倍首相は連休明けに国連総会出席のため訪米することが決まっている。

 そんな事情から、安保法案をゴリ押しするにはこのタイミングで公聴会を開くしかなく、そのためにはどうしても無投票再選が必要だったのだ。国民が各地で安保法案反対のデモを開いているというのに、そこまで強行するのは国民無視も甚だしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る