基本は“上へ上へ” とっさの豪雨「安心・安全」な逃げ道は?

公開日:  更新日:

 ダブル台風(15号、16号)が日本列島に接近中だ。週末から週明けにかけて、関東地方にも影響が出そうな勢い。そこで心配なのが豪雨だ。突然降り出すバケツをひっくり返したような雨。安物のビニール傘などは役に立たない。靴もズボンもびしょ濡れだ。駅前の低地はアッという間に水浸しで、妻の迎えの車も一向に来てくれない。こんな事態にいつ遭遇しても、迷わず安全かつ安心できる“逃げ道”は――。

■ビルの2階以上へ

 もともと、8月末から9月、10月にかけては、台風と秋雨前線の影響で雷を伴う短時間の豪雨が頻発する。もちろん、最高気温が30度を超える残暑が長引けば、お決まりのゲリラ豪雨の発生も可能性が残っている。最近は、突然の大雨を予知するスマホ用“対策アプリ”も出ているが、一番頼りになるのはやはり自分自身だ。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る