19号も接近中…今年後半は「台風ラッシュ」が日本を直撃する

公開日: 更新日:

 猛威はまだ衰えそうにない。鬼怒川の堤防が決壊した範囲は140メートル。最大浸水想定地域は常総市内だけでも約37平方キロに及び、避難所2カ所が浸水した。ザッと新宿区ふたつ分が水に漬かる計算だ。

 懸念すべきは、今年が台風が多発する年だということだ。すでに昨年のペースを優に超え、統計開始以降、歴代9位の31個を量産した一昨年を上回るペースで発生している。9月、10月とシーズンに突入し、台風が日本列島を次々に直撃する恐れが大きいという。すでに台風19号がハワイ沖で発生し、来週にも日本に接近する可能性がささやかれている。

 ウェザーマップの気象予報士・佐藤大介氏が言う。

「今年は発生数、接近数、上陸数ともに平年より多く、威力も強い傾向です。エルニーニョ現象で海水温が高めな上、台風が生まれる海域が南太平洋の東にずれ込んでいる。日本列島からより離れた海域で発生し、暖かい海の上空を長く移動してくるので、パワーを増して近づいてくるのです。同時多発的に台風が発生し、まとまって日本列島に近づくケースが少なくないので、この先も今回のように極端な大雨が各地で降り続けるケースは十分に考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る