19号も接近中…今年後半は「台風ラッシュ」が日本を直撃する

公開日:  更新日:

 猛威はまだ衰えそうにない。鬼怒川の堤防が決壊した範囲は140メートル。最大浸水想定地域は常総市内だけでも約37平方キロに及び、避難所2カ所が浸水した。ザッと新宿区ふたつ分が水に漬かる計算だ。

 懸念すべきは、今年が台風が多発する年だということだ。すでに昨年のペースを優に超え、統計開始以降、歴代9位の31個を量産した一昨年を上回るペースで発生している。9月、10月とシーズンに突入し、台風が日本列島を次々に直撃する恐れが大きいという。すでに台風19号がハワイ沖で発生し、来週にも日本に接近する可能性がささやかれている。

 ウェザーマップの気象予報士・佐藤大介氏が言う。

「今年は発生数、接近数、上陸数ともに平年より多く、威力も強い傾向です。エルニーニョ現象で海水温が高めな上、台風が生まれる海域が南太平洋の東にずれ込んでいる。日本列島からより離れた海域で発生し、暖かい海の上空を長く移動してくるので、パワーを増して近づいてくるのです。同時多発的に台風が発生し、まとまって日本列島に近づくケースが少なくないので、この先も今回のように極端な大雨が各地で降り続けるケースは十分に考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る