傾斜マンション問題 「元請け」「1次下請け」に責任はないのか

公開日:  更新日:

 横浜市のマンション傾斜問題が明らかになって1週間。杭打ち工事を担当した「2次下請け」の旭化成建材と、その親会社の旭化成が矢面に立ち、データを偽装したキャリア15年の契約社員1人に「罪」を押し付ける報道も目立つ。

 しかし、問題の核心は改ざんを見逃した組織のズサンさと、担当者に不正をはたらかせるような状況が、いかにしてつくられたのかだ。本当のワルは誰なのか。

 固い地盤(支持層)に届かなかった深度不足の8本の杭は、いずれも基礎工事の工期末直前の約10日間に打たれた。元請けの三井住友建設は05年12月~06年2月にかけて全473本の杭を打ち終えるよう下請けに指示。実際に杭を打ち込む場所や、一本一本の長さや太さを設計したのも三井住友建設だ。8本の杭は設計段階で、すでに2メートル程度短かったとの報道もある。


 工期は正月を挟み、年末年始の10日~2週間は作業を中断せざるを得ず、休日も考慮すれば、工期は実質60日間といったところだったろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る