• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

傾斜マンション問題 「元請け」「1次下請け」に責任はないのか

 横浜市のマンション傾斜問題が明らかになって1週間。杭打ち工事を担当した「2次下請け」の旭化成建材と、その親会社の旭化成が矢面に立ち、データを偽装したキャリア15年の契約社員1人に「罪」を押し付ける報道も目立つ。

 しかし、問題の核心は改ざんを見逃した組織のズサンさと、担当者に不正をはたらかせるような状況が、いかにしてつくられたのかだ。本当のワルは誰なのか。

 固い地盤(支持層)に届かなかった深度不足の8本の杭は、いずれも基礎工事の工期末直前の約10日間に打たれた。元請けの三井住友建設は05年12月~06年2月にかけて全473本の杭を打ち終えるよう下請けに指示。実際に杭を打ち込む場所や、一本一本の長さや太さを設計したのも三井住友建設だ。8本の杭は設計段階で、すでに2メートル程度短かったとの報道もある。


 工期は正月を挟み、年末年始の10日~2週間は作業を中断せざるを得ず、休日も考慮すれば、工期は実質60日間といったところだったろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る