• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンションが傾いたら…リスクの減らし方を専門家が指南

 三井不動産グループが2006年に販売した横浜市都筑区の大型マンションが傾いている問題。基礎工事を担当した旭化成建材がズサンなくい打ちをしたせいで、“夢”が“悪夢”のマイホームに。そのうえ「まさか」の超大手不動産会社だけに、もう何を信用していいのか分からなくなる。

「くいがきちんと地盤に届いているかなんて、プロでもなかなか見抜けない。実際のところ、工事に関わった末端の会社に至るまで問題がない物件を選ぶのは、かなり困難な話です」(不動産業界関係者)

 庶民にとって人生最大の買い物に傾かれたら、たまったものじゃない。リスクを少しでも減らせないものか。住宅評論家の櫻井幸雄氏が言う。

「今回のようなケースを購入前に見抜くのは難しいですが、ただ、私がこれまで見聞きしてきた工事ミスや欠陥住宅は、相場が安かった時期の物件というケースが多い。最近なら03~04年と、リーマン・ショック以降にマンションが売れなくなった2010年の物件です。売れない時期はどうしても安く造らざるを得ないし、そうなると、下請けや孫請けに流れるお金が少なくなる。10回やるべき検査を5回で済ますなどの“手抜き”が起こりやすくなるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る