マンションが傾いたら…リスクの減らし方を専門家が指南

公開日: 更新日:

 三井不動産グループが2006年に販売した横浜市都筑区の大型マンションが傾いている問題。基礎工事を担当した旭化成建材がズサンなくい打ちをしたせいで、“夢”が“悪夢”のマイホームに。そのうえ「まさか」の超大手不動産会社だけに、もう何を信用していいのか分からなくなる。

「くいがきちんと地盤に届いているかなんて、プロでもなかなか見抜けない。実際のところ、工事に関わった末端の会社に至るまで問題がない物件を選ぶのは、かなり困難な話です」(不動産業界関係者)

 庶民にとって人生最大の買い物に傾かれたら、たまったものじゃない。リスクを少しでも減らせないものか。住宅評論家の櫻井幸雄氏が言う。

「今回のようなケースを購入前に見抜くのは難しいですが、ただ、私がこれまで見聞きしてきた工事ミスや欠陥住宅は、相場が安かった時期の物件というケースが多い。最近なら03~04年と、リーマン・ショック以降にマンションが売れなくなった2010年の物件です。売れない時期はどうしても安く造らざるを得ないし、そうなると、下請けや孫請けに流れるお金が少なくなる。10回やるべき検査を5回で済ますなどの“手抜き”が起こりやすくなるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  8. 8

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  9. 9

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  10. 10

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

もっと見る