• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

容疑者の妻を検事総長に引き合わせたヤメ検弁護士の"素性"

 言語道断である。元最高検幹部の弁護士が担当事件の容疑者の妻を“検察トップ”の検事総長らに会わせていたとして、懲戒処分を受けていたことが分かった。

 このトンデモ弁護士は中津川彰氏(80)。中央大法学部を卒業し、1961年に検事任官。横浜地検検事や公安畑などを歩んだ後、東京法務局長や札幌地検検事正、最高検総務部長を歴任した。瑞宝重光章を受章し、春の園遊会にも招かれている。05年に弁護士登録した。

 そんな“エリート”ヤメ検が2013年に担当したのが強制わいせつ容疑で逮捕された男の事件。中津川弁護士は男の妻を当時の検事総長や事件を担当する検察官らに引き合わせたというのだ。

 刑事事件の被疑者の親族が、起訴する側の検察のトップ、検事総長と面会するなんて聞いたことがない。ハタから見れば、中津川弁護士が「オレが弁護するから穏便に頼むよ」と後輩に“圧力”をかけたと受け取られても仕方がないし、これが許されるなら法治国家じゃない。中津川弁護士が所属する横浜弁護士会が「元検察官のキャリアや人脈などを強く印象づけ、刑事処分の公正に対して疑念を抱かせる行為」として今年7月、戒告の懲戒処分を出したのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る