容疑者の妻を検事総長に引き合わせたヤメ検弁護士の"素性"

公開日:  更新日:

 言語道断である。元最高検幹部の弁護士が担当事件の容疑者の妻を“検察トップ”の検事総長らに会わせていたとして、懲戒処分を受けていたことが分かった。

 このトンデモ弁護士は中津川彰氏(80)。中央大法学部を卒業し、1961年に検事任官。横浜地検検事や公安畑などを歩んだ後、東京法務局長や札幌地検検事正、最高検総務部長を歴任した。瑞宝重光章を受章し、春の園遊会にも招かれている。05年に弁護士登録した。

 そんな“エリート”ヤメ検が2013年に担当したのが強制わいせつ容疑で逮捕された男の事件。中津川弁護士は男の妻を当時の検事総長や事件を担当する検察官らに引き合わせたというのだ。

 刑事事件の被疑者の親族が、起訴する側の検察のトップ、検事総長と面会するなんて聞いたことがない。ハタから見れば、中津川弁護士が「オレが弁護するから穏便に頼むよ」と後輩に“圧力”をかけたと受け取られても仕方がないし、これが許されるなら法治国家じゃない。中津川弁護士が所属する横浜弁護士会が「元検察官のキャリアや人脈などを強く印象づけ、刑事処分の公正に対して疑念を抱かせる行為」として今年7月、戒告の懲戒処分を出したのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る