自民党OB議員も怒り爆発 「憲法違反」の安倍内閣に退陣要求

公開日: 更新日:

 安倍首相は12日、自民党の谷垣幹事長と会談し、本当に臨時国会を開かず、通常国会を前倒しして開くことを決めてしまった。

 野党5党は憲法53条の規定に従って、臨時国会の開催を求めていたが、そこに期限の規定がないことをいいことに「来年に先送り」した格好だ。野党5党は「憲法違反だ」と猛反発、幹事長会談の要求をしたが、谷垣氏は「検討する」とノラリクラリ。

 そんな中、自民党の元衆院議員で弁護士の早川忠孝氏(70)がブログで安倍政権の姿勢を糾弾。これが話題になっている。肝心の部分を引用すると――。

〈実に不遜なことである。本当に臨時国会の開催をしないことを安倍内閣として表明するのだったら、私はそのことだけで安倍内閣の退陣を求めたい〉

〈憲法の規定は解釈次第でどうにでもなる、憲法の規定は必ずしも守らなくてもいい、などと思っているのだとしたら大変な思い違いだ〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る