• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

火ダルマ必至 野党への生贄にされた下着ドロ高木大臣の命脈

「近日中に衆参で復興特別委員会の開催を申し入れる予定だ」――こう息巻くのは、さるベテラン野党議員だ。自公両党が18日、10月に新入閣した10大臣の所信表明と質疑に応じる方針を固めたことで、「“パンツ大臣”を追い込むぞ」と躍起になっている。

 “パンツ大臣”とは言うまでもなく週刊誌に“下着ドロの過去”を書き立てられた高木毅復興相(59)のこと。選挙区内の葬儀で香典や枕花を送った公選法違反の問題も抱えている。

 自公は野党の要望があれば、衆参各委員会の閉会中審査に応じる方針だが、敵に塩を送る背景には安倍首相の非情な判断が働いていた。

「安倍首相は高木大臣をすっかり見放しているようです。『辞めるならどうぞ。辞めないなら説明責任を果たせ』と冷ややかで、守るつもりはありません」とは官邸の内情に詳しいジャーナリストの指摘だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る