下着に続いてカネ疑惑…高木復興相にいよいよ「更迭」Xデー

公開日: 更新日:

「下着ドロ大臣」こと、高木復興担当相が、とうとう「レッドカード」を突き付けられた。

 高木復興相が代表を務める自民党支部と資金管理団体が、そろって公選法違反の支出を政治資金収支報告書に記載していた――と報じられたのだが、スクープしたのがナント! 「安倍政権応援団」とヤユされる読売新聞だ。永田町では「高木はいよいよオシマイ」との見方が支配的になってきた。

 報道によると、高木復興相が代表を務める「自由民主党福井県第3選挙区支部」は、2012~13年に地元の福井・敦賀市などの選挙区内の8人に「香典」計16万円を支出。資金管理団体の「21世紀政策研究会」も11~12年に同市内で「枕花」代など計2万4000円を支払い、それぞれ政治資金収支報告書に記載していた。

 公選法は、政党支部や政治団体、議員が選挙区内で香典や供花を出す行為を禁止している。法の規定にのっとれば、今回の高木復興相のケースはアウトだし、少なくとも説明責任が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

  10. 10

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

もっと見る