日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評価の細目は公表せず 新国立「A案決定」に談合の臭い

 22日午前、政府は新国立競技場の見直し計画の関係閣僚会議を開き、安倍首相が応募2案から大成建設と梓設計、建築家の隈研吾氏(61)が手がけたA案の採用決定を発表した。

 その後に会見した遠藤利明五輪担当相は、19日実施の審査委員会の結果を「A案は610点、B案は602点」と説明。委員7人が9項目の評価基準で1人140点満点、計980点で採点したが、評価の細目をすべて公表する予定はない。

 どれだけ厳正な審査を行ったのかオープンにすべきだ。今月14日のデザイン公表以前から「すでにA案で内定済み」と囁かれてきたからだ。その理由も政治的思惑ばかり。大成は旧計画でスタンド工区を受注、下請けの作業員や鉄材業者を継続して確保してきた。受注を逃せば、無数の人材や資材が宙に浮くところだった。

「その補償は巨額に上り、業績に暗雲が垂れ込めるのは必至です。安倍政権の一存で一度受注した計画を白紙にされ、新計画では総工費の上限引き下げにも応じた。もとより採算割れは覚悟しており、そのうえ、受注まで逃せば、大成がどんな反撃に出たか分かりませんでしたよ」(大手ゼネコン関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事